2016-01-23

祝 本谷有希子

お笑い芸人が受賞するという鮮烈な回になった去年の芥川賞、今年はどうなるのかと思っていたところ本谷有希子さんが受賞というニュースを見て密かにガッツポーズを決めました。受賞作「異類婚姻譚」はまだ読んでいないのですが、本谷さん、地味にずっと好きです。

なにかあるたびに手にとってしまう「生きているだけで、愛。」富嶽三十六景を “虚空に爪を突き立てるような荒々しい波が富士山を背景にザッパーン!” と表現した文章を読んでノックアウトされたのを覚えています。“女子高生の頃、なんとなく学校生活がかったるいといういう理由で体中に生えているあらゆる毛を剃ってみたことがある。” という書き出しも、初っ端からかっ飛ばしてる感はありますが。
主人公は女、二十五歳、メンヘル。過眠で鬱真っ最中。どんな小さなことでもめんどくさくしてしまう。「死にたいかも」と送った恋人の返信が「大丈夫たよ」、“たよ” という打ち間違いに “人の生死に関わるメールなんだから読み返すくらいしろよ” と激しい怒りを覚える。ボーリングの玉ほどの重さを転がしているのに卓球の玉がポコンと返ってきたような虚しさ。しかも凹んでるやつ。
誤字脱字も勿論、受け取った側が瞬時にコイツ本気で死にたくていってるわけじゃないなと判別していることにも腹が立つんですね。わかります。そして本気で死にたいと思っていないくせにかまってほしくて言ってしまった自分にも嫌気がさすんですね、わかります、わかります。わかってる場合じゃないってことも一応わかってます。

痛い女子を書かせたら本谷さんの右に出るひとはいないのではと言い切れてしまうほど、とにかく痛いです。めんどくさい人ばかり出てくるなと思いながらもなぜか憎めない、そしてその痛さに「あーわかるー」と共感してしまうと、もう本谷ファミリーです。痛い女子の話を読んで何になるのと言われると閉口してしまうのですが、多分自分の中に潜んでいるちっちゃい分身が剥き出しで世間に立ち向かっているのを客観的に見ているような感覚なのかな。客観視できると冷静になれる気がする。あと本谷さんの勢いの良さとそれに負けないくらいの文章力のセンスがたまらないです。威勢のいい痛さだけだったら胸焼けして仕方ないはず。



今、本棚を眺めていたら「ほんたにちゃん」もいました。こっちは笑っちゃうくらい痛いです。ピンクの本の帯にも「痛いよー。痛いよー。」と書いてあります。将来の夢→綾波レイ。「これって自伝小説?オロカわいい!!!!」執筆当時、19歳。本谷有希子の原点、幻の処女小説をセルフリメイク!!!!!という謎の本。それでも数回の本棚整理、断捨離ブームを乗り越えてもまだ残っていた「ほんたにちゃん」、置いておきたい何かがきっといつもあるんだな。昔は “もうどうしようもなくなにもかも嫌になったらとりあえず本屋で本谷有希子を探せ” 状態でした。
そして「痛々しさで死んだ人間なんていないよ。」という一文、理由はよくわからないけれど勇気が出ます。更に本に登場する超絶に痛い子が本の中で何をして何を言っていたのか、久々に手にとった今、全く覚えていないことにも救われます。読んだ当初は破壊力すごいーと驚いていたくせに。

結局は人がどうしようと何を言おうが、どんどん上書きされて薄らいでいくものなんですよね、記憶なんてものは。だから過剰に気にしなくていいんです、他人を攻撃したり、傷つけることは例外だけれど。人の目を気にしすぎたり考えすぎる思考回路の人は、本谷さんの本を読むと楽になる場合があると思うので試してみて下さい。

久々にメディアでお見かけした本谷さんはなんだか印象が以前と変わっていました。ご結婚されていつのまにか出産も経験されて、パッと見でわかるくらいまろやかになっていた。四度目の正直で受賞とニュースに出ていましたが、そこまで書き続けて本谷ワールドを継続していることがすごい。芥川賞の初めて候補になったのが「生きているだけで、愛。」の2006年、本谷さんの底力を思い知らされるような受賞だと思います。



2016-01-19

DELFONICS



細々としたものを入れる小さなポーチはDELFONICSのQuitterieシリーズ。
メイク道具をほぼ持ち歩かないのでSサイズで充分です。
パキっとしたパープルとコーヒーカップの色合いがあまりにもかわいくて、心が緩んだ瞬間。




2016-01-18

Falafel

本屋さんに並ぶ著名人のスタイルブックにはfoodのカテゴリがお約束で、一般のひとが発信するSNSにも手作りの料理の写真が並び、みんなどこでどのタイミングで取得したのというくらいお料理が得意な人が多く、見るたびに驚いてしまいます。お店みたいで本当においしそうだし、作れることが羨ましい。
今でこそおいしいものを食べることが大好きですが、そう思えるようになったのは20代半ばをすぎたくらい、その前はというと食費にするお金はほとんど衣服代につぎ込んでいました。食べ物は消えるけれど服は残るからそっちのほうが優先。そして子供の頃の食事は“何かの合間に”する義務的なことだったので「おいしい、幸せ!」なんて言い始めたのはここ数年の話。しかし、本当にそう思えるようになって良かった。

とはいえ荒れているわけではないけれど、きちんとした食生活をしているわけでもないので、体調を崩すたびに「食べ物にもっと気を使わなくては」と反省するものの、つい疎かにしてしまう習慣を見直すべく、年末に読んだのは「正しい食欲のつくり方」というマドンナのパーソナルシェフを務めていたこともある西邨マユミさんが書かれたマクロビの本。料理にうとい初心者の私でもわかりやすく、すごく勉強になりました。特にマクロビを実践しようと思って買ったわけではないのですが、年明けからちょっとだけ意識が変わりました。




まず私が認めなければいけないのは小麦粉と牛乳、それから砂糖の摂り過ぎ。
パン大好き人間として小麦粉は避けて通れない道。でも振り返ってみると最近の朝はパンをなんとなく食べていた感が拭えず、それなら玄米にしようかなと。お供は本に従って干椎茸と昆布で出汁をとったお味噌汁。
平日は夕方コンビニのカフェラテ(ビター)を飲むことが息抜きで、気を逸らすためにチョコレート(ブラック)をひとかけが止められず、けれどビターだからといってブラックだからといって砂糖を摂取していることに言い訳が出来なくなったので、年明けからカフェラテをやめました。チョコレートはどうしてものときにだけ。ストレスを甘いもので紛らわす癖はなかなかしぶとい。
それから大好きなスタバのラテも低脂肪にしているからという悪あがきをやめてしばらくは我慢。
それ以外はとくに変えていないので外食したら白米もお肉も食べています(パンは遠慮がちに)が、それでもなんとなく身体の変化を感じます。特に痩せたりはしていないけれど小麦粉と乳脂肪分が寄り添っていたことに改めて気がつき、そういえば胃が軽い、ような。
けれどもここ数日スタバが飲みたくて負けてしまいそうなので、あえて記事にすることにしました。意志って弱いから言わないと。ストイックになりすぎるのも大変だし、ゆるゆると続けられればいいなと思いつつ、最初の一ヶ月は我慢しようと決めたのでそこは守り通さなければ。




たまたま訪れたヴィーガンのお店で食べたファラフェル。ファラフェルというのはひよこ豆のペーストにスパイスを加え団子状にして揚げたコロッケのような揚げ物のことで、それを野菜と挟んだピタサンドのこともファラフェルというそうです。
お肉も大好きなのでベジタリアンやヴィーガンの食事はなんとなく物足りないんじゃないかなと思っていましたが、めちゃくちゃ大満足なこのファラフェル!すっごくおいしかった。シナモンが効いたミントティーも最高。

以前、食生活のことを友人に相談した時に、「グルテンフリーとか流行ってコレ食べちゃダメとか言われているけど、美味しいって思ってテンション上がることのほうが身体には絶対いいよ〜」と言われて、確かにと思ったのも正直なところ。
自分を追い詰めることなく、ふらりと立ち寄るパン屋さんや飲みたくなったときに飲むカフェラテ、おしゃべりをしながら食べる甘いものやたまの外食もペロリと隅々まで堪能出来るように、ベースを整えることを言い聞かせるための食生活改善を始めた2016年です。




2016-01-17

No title




ちっちゃなダイヤがついたピンキーリングと毛足の長いモヘアニット。
ボルドーの椅子との色合いもなんだか冬っぽい。
最近よく行くカフェの窓際にて。




2016-01-10

ROUGE COCO BAUME




趣味や好きなもののテイストをよく知っている友人へのプレゼントはわりとすぐ閃くのですが、そこまでわからないけれどプレゼントをあげたいなと思った会社の同僚の誕生日にCHANELのネイルとコットンをプレゼントしていました。CHANELのコットンは“自分では買わないシリーズ”としてプレゼントするのが大好きなのです。
それをとても喜んでくれた同僚から、「自分では買わないシリーズのおかえし♡」と私の誕生日にプレゼントしてくれたものが、なんとCHANELのリップクリーム!
これは相当テンション上がります。自分じゃなかなか冒険できない贅沢品。




パコッと開く箱もかわいくって、私もいつか誰かにプレゼントしたいなと思いました。
今プレゼントどうしようかな〜と悩んでいる人に全力でおすすめします。
こんなにもハッピーな気分になれるリップクリームはなかなか出会えないのではと思ってしまう、CHANELはやっぱり別格のブランド。