2014-05-30

hydrangea cake

Aと言えばBと返ってきて、Cを投げかけるとDが戻ってくる。じゃあEはどうだと突きつけるとFかと思いきや、Aに繋がっていることに同時に気がつきお互いの心が踊る。 議論することは脳を使います。あーでもないこーでもないと考えながら喋り続けて、あれ今なんの話してたっけ?となることもしばしば。 自分の身の回りの出来事や共通の誰かの話をするより、自分はこう思うとか、こういうことを考えているとか、返ってきた意見に対して反論したりとか、違う考えについて受け入れるべきかどうか悩んでみたりとか、同調することなく、自分の意見を恥ずかしげもなく主張できる場所があるということはとても幸せ。 私はいつも結論出したがりなので、結論云々じゃなく人の意見を聞いたり、自分の意見に興味を持ってもらえたり、逆に覆されたりすることも本当に面白い。自分の考えてたことを実際に口に出してみることで初めてわかることもある。

以前は天気が良いから気持ちが良いということを認めるのがあまり好きじゃありませんでした。天候に左右される自分が嫌だったから。 雨が降ってるから頭が痛い、PMSだから気持ちが不安定とかも同様、皆にほぼ平等に起きていることに振り回されるなんてつまらない。だから雨で頭痛がひどいなら薬のんで黙って耐えればいい。治らないなら病院へ。晴れたくらいでコンディションに与える影響なんてない。天気が良いからといって気分がいいなんて普通すぎる。 と思っていた、と言ってみたらストイックすぎると笑われました。 今では私も素直にそう思います。

雨が降って少し憂鬱な気分になる自分を受け入れること。雨ならではの憂いある風景が美しいこと。雨の日にはACOがしっくりくること。青い空がすがすがしく晴れやかな気分になること。奇跡的に湿度が低くからりとしている空気を吸い込むこと。夕焼けに胸を震わせること。天気の変化を楽しむことだって、きっと大人の嗜み。




空と街路樹が見える席で食べたこっくりとしたバタークリームの紫陽花ケーキ、下の紫陽花の葉に見立てられたのはエゴマの葉。本物の紫陽花の葉には毒があるらしい。 次に紫陽花を見た時に思い出す情報がひとつ増えたね。 全ての物事はあらゆるところで繋がってる。

東京は、今日もいい天気です。

なんでも出来そうな気がする。