2011-11-27

CHEAP MONDAY




black/suede/short/wedge sole

欠かせない大好きなキーワードが詰まっているので、 買わずにはいられなかったCHEAP MONDAYのブーツ。

似たようなの持ってたよねと言われようともそれぞれ違うところがあるし 自分にとっては全然別物。

それでいいんです。

これは爪先がスクエアでちゅんと上を向いているのが新鮮。

ワンシーズンで履きつぶす勢いで迷ったら「コレ」な、お利口シューズ。



2011-11-17

no reason to cry

湯船の中で「スプートニクの恋人」を読むつもりだったのに

今日は無謀なまでに遠出をしたせいもあり、

本を何度も落としそうになるくらい眠たくて

結局読むのを断念してしまった。

わたしはとてもたくさん歩く。

それも意識的に。

何かを考える時、決まって歩く。

考えるために歩く。

こういう時だいたい高木正勝さんを聞いていたけれど

今日は杉原一平さんのピアノを延々と繰り返し

ただひたすら考えながら歩く、歩く、歩く。

何か思いついたり解決したりする時もあるし、しない時もある。

けれどもう何も考えられないくらいくたくたになると

色んなことがどうでもよくなる。

大体はたいしたことなんてない。

号令がかかったかのように一斉に花をつける金木犀の香りは

もうすでに来年まで鼻をくすぐることもなくなって、

すっかり冬が肩を叩く時期なのに困惑するくらい過ごしやすい気候だった今日。

空はばかみたいに広くて、太陽は目を向けられないほど眩しかった。






夜タクシーをひろった時に指先が冷えていて、

季節は着々と変化していることに苛立つ。

外は霧雨、 白い息がたよりなくねじれて消えていくのを 少しだけ見て窓を閉めた。

次に引っ越すときは、いつでも窓を開けられるような

見晴らしのいい部屋に住みたい。

夕焼けを染み込ませられるような大きな窓と

静かに本が読めるお風呂、それだけでいいのに。

世間は無意味な欲望で溢れていて

色気のない雑音に包まれながら

それでも許してほしいと祈っている。



2011-11-03

ANREALAGE SOUND

パッチワーク

白い手

ボタン



全て、ANREALAGEを連想させるもの



もう何年も前、keisuke kandaの展示会に行った時にわたしはANREALAGEを初めて知ったのだけれど、細かいパッチワーク、バターの溶けたような、少しばかり薄気味悪くアンバランスで、けれど目が離せない服を見て なんかすごいブランドがあると思った。なんかとてつもなく計り知れない奇妙なまでのエネルギーが。 「祈り」のコレクションを見に行った時、ラストルックが出てきた時の空気、すごく神妙に張り詰めていて、息を飲むってこういうことなのかなあって。

ボタンが敷き詰められたセットアップ、5000パーツのデカダンス、WWDの表紙には「第二のアンダーカバーになれるか?」

毎シーズン興味深く見てしまう破壊力と攻撃力を兼ね備えた挑戦的でかっこいいかっこよすぎるブランド。 あまりにも手が込み入った服が動く背景にはものすごく焦燥感掻き立てるピアノが流れていて、それがどうしても忘れられなくって音源が欲しいとずっと思っていたけれど見つからずもはや諦めるしかなかったけれど、忘れかけた頃に飛び込んできた「ANREALAGE SOUND」!!!





PROFILE 杉原一平

1977年9月25日生まれ、福井県出身。

福井県立武生高等学校、東京学芸大学音楽科卒。 2002年秋冬シーズンよりANREALAGEの音楽を担当する。また、ショーにおけるピアノの生演奏も担当している。

2011年10月、10年にも及ぶANREALAGEとのコラボレーションの集大成として、これまでのショーの音楽をピアノソロで収録したCD「ANREALAGE SOUND ‐遥か晴る‐」を発表する。



どこか懐かしくて儚くて狂いそうで静寂に包まれているようでいて今にも走りだしそうでけれど緩やかで。規則的に巡る日常の中で忘れてしまったちいさなちいさな気持ちがぎゅっと凝縮されていて 一瞬開いてはいけない扉をひらいたようで最初は少しだけ怖くてけれど止めることは到底出来なくて。 果てしなく続く空虚をすっぽりと包みこんで中和してくれるような それでいて心穏やかではとてもいられないような 優しさと畏怖があいまって偶然生まれた奇跡のような 苦しみから解き放ってくれるような音楽が、ここに。



2011-08-03

Don’t laugh at my romance





寝てるえんちゃんにゆりちゃんがオモチャの馬で鼻をドゥーンってやるとこ

ゆりちゃんの「オーイエス」

だぼだぼのパーカーからのびるゆりちゃんの足

ゆりちゃんとみるめくんを見た時のえんちゃんの「あーっ」

みるめくんがゆりちゃんに「こどもかっ」ていうとこ

信玄餅を食べるみるめくんと猪熊さん

ゆりちゃんの「とーちゅうでやーめなーいでよー」

石油入れてあげるみるめくん

えんちゃん「みーるーめーくーんー、あーそーぼー」

みるめくん「はーあーいー、ってバカうるさいよ」

ベッドの上でぼんっぼんっ飛び跳ねてぼたって急に倒れこむえんちゃん

えんちゃんがみるめくんにバーカって言って観覧車のなかでじたばたするとこ

堂本くんに突然キスされたあとのえんちゃん

てててて、てれれー、てーれてれー てててて、てれれー、てーれてれー

会えなければ終わるなんてそんなもんじゃないだろう

「人のセックスを笑うな」

要するに全部好き



2011-07-18

Illuminance



窓枠で背骨を冷やす真夜中に歪んだ満月と青痣。

見えない椅子、触れたのは足枷。

AM10:30 遮光カーテンで時間を巻き戻す。

@FOIL GALLERY 最初から最後まで、とめどなく。

川内倫子さんの写真は胸がつまる。

悲しさと寂しさがない交ぜになり、わたしは道に迷います。

ことごとくシャッターが降りた街並み、赤信号を渡る。

馬喰町の正しい読み方を知った午後。

夕方、鼻をくすぐるカレーの匂い。

遠くで聞こえた救急車の音。

リップクリームが溶けました。夏。



2011-05-24

primary colors

むんわりとした空気がまるで異国の地を思わせるような日曜の昼下がりから、急激に空の色がモノトーンに変わり、マゼンタはどこへ、唐突に号泣したような雨の音を聞きながら久々にまどろんだり、思案だけは果てしなく。

近頃は正しさについてよく考える、正義とはなんぞや、そしてよくわからなくなって虚無、ねえ猫。

目の前の参考書には解かなければならない問題が山ほどあって量の多さと期限を思うだけで眩暈がするけれど、(1)の問題には必ず(1)の答えがあって、そのことがなぜか安心に繋がっているような気がした先週。 少なくともこの中では決められた正解があることのすこぶる安堵感といったらないのです。

日常のなかではそれなりにルールはあるものの、いったい何が正しいのかいつのまにかわからなくなったりするわけで、わたしの中の正しさが誰かに迷惑をかけてしまったり、無意味な被害妄想や無駄な苛立ちから不安になったりすると、ざわめきだったり淀んだり正しさのメモリが歪んで見失って今ここ。

規律に反することは勿論、ほんの些細なこと、例えばね、人にぶつかったら咄嗟にごめんなさいと言いたいし、道をゆずってもらったら会釈したい、みたいなあたりまえをあたりまえにいつまでもあたりまえにしていたいし、駅のホームでは降りる人を優先するべきで、風が強い日は煙草の煙の行方を追って欲しい、傘は振り回さないで、とか、あまりにも道徳的すぎることを考えたりなどしていたら、空は完全に夕闇に服従をしていてそれにしても時計の針はよく回るなあ、など。





床で振動するアラームが着々と眠りを遮り、昨日が嘘のような肌寒さ、天気が気分を支配するのは常、まだ出番のないビニール傘が右足の邪魔をした。

朝の駅のホームできっちりと列に並ぶ人々、扉がいっせいに開けば皆からっぽの社内、レモン石鹸のような匂い、座席めがけて静やかに吸い込まれていくのにいつまでも慣れることなく圧倒されてしまう。

次の電車を待つ4列の人々が、今なくなった散った列の場所にいっせいにスライドするさま、あれは何度見てもひどく異様。 いつから始まったしきたりなんだろう、とその奇妙な移動を見るとなぜかしら背筋が寒くなるのはわたしだけなんだろうか、群れを遠巻きに見るとなぜか窮屈であって、なぜか無気力になるのであって、なぜか悲しくなるのであって、なぜか安心するのであって、なぜか笑えるのであって、なぜか、なぜか、とてつもなくがらんどう。

いつだって桎梏から逃れられない種族として、いつかなんの疑いもなくスライドされる自分の姿を想像、溜息をついた。

それからランドセルの肩ひもをつかみながらの集団下校前、「せんせいさようなら、みなさんさようなら」のよくわからない習慣を思い出した月曜の朝。



2011-04-19

Involuntary dissolution

降り積もった花びらを爪先で踏みしめる瞬間にようやく春が匂い立つ

吐く息があぶくとなり踊っては消え窒息する手前に見たまぶたの裏側

惰性でカノンを聞くのならばどうか指の赴くままにアレグロで退場を

空っぽの掌を緩く握りしめると四つの爪が食い込んで半月の跡を残す

ご破算で願いましては酩酊につき甘やかな背中に五臓六腑蕩けて終え



2011-04-18

Selected by




1.あまりにもしっくりくる1,000円だてメガネ、色違いの黒を購入

2.ほぼ毎日これ、はんぱなく大きいCELINEのくったりレザートート

3.CHEMBURの絶品リアルパイソンパンプス

4.CHEAP MONDAYのマーブル模様のカットソーワンピース

5.ほわりホワイトティーのボディーローション

6.Jo MALONEのネクタリンとレッドローズ

7.ついに短焦点レンズデビュー、絶賛錯誤中

8.Westinと同じ香りのリフレッシャー

9.FOREVER21のショートパンツ

長年愛用するだろうものとワンシーズンものの差がみごとに歴然なラインナップ。



とか、なんとか。



2011-03-26

wish list




[CARVEN:Cape sleeve crepe blouse,ALEX MONROE:Ruthenium plated sterling silver crow feather earrings,JIMMY CHOO:Cosmic suede pumps,ALEXANDER WANG:Adele suede and patent leather fold over trunk clutch,3.1PHILLIP LIM:Satin twill cropped pants] Today’s materialistic wish.

何が着たいか、想像するところから始めてみる



2011-03-20

356,574km

23時47分、内側が毛布のようなコートを羽織って外に出る。 ほんの少し冷気をはらんだぬるい温度を頬で感じて、そういえば3月なんだと思う。 一瞬の出来事に息を飲み、そこから毎日寒さと戦う人々と瓦礫に降り積もる雪を見続けることしか出来なかった一週間、どちらかというと春間際の季節だということも忘れていた。 春一番はもう吹いたし、目もすこうし痒いのに春はまだ手に届かないところにいる気がしてやけにもどかしく思いつ、静かにチェーンを外し振り返ると突き刺すような光が低めに見えて目を凝らしたら街灯だった。 反対側を見上げると正しい丸できちんとくり抜いたようなまんまるの月。 ぐわわわ、ぐわわわと一定のリズムで光をふんばっているように見えて、目が疲れているのかなと思ったけど月の模様まではっきりとなぞることが出来た。 ここに住んでいた時は月を見上げたことなんてなかったから、いつもより大きいかどうかなんて正直わからないけれど。




4時9分、19年ぶりに地球と月が最短距離になる時。 私利私欲にまみれた自分を見透かされてしまいそうな強い光で照らされて朦朧、願うべきことはなんだろう、わたしが望むべきことはなんだろう。 輪郭は果てしなく明白なのに勝手に揺らいで滲んで紗がかかったように曖昧にして、夢中で思想の裏ばかり深読みの結末、てのひらはからっぽのまま。 それでも見えない何かを握りつぶしてしまう前に月明かりの下、ゆっくりとさよならを唱えた。



2011-01-09

2011

年賀状が7枚届き、なんとなく縁起の良い予感がする2011年、初詣でひいた末吉のおみくじには万事細やかにと。 あけましておめでとうございます、すっかり日常に戻ったものの蓄積された脂肪に手こずり、街に出ればセールの残り香、もう少ししたらひらりとした春物も無機質なラックに並ぶのでしょう、やっと冬が馴染んでなんとか過ごせるようになり、朝起きた時ほっぺたと鼻先はひんやりなのに厚手の毛布がはらんだぬくぬくとした暖かさ、あの贅沢で完璧なシェルターはあと何回味わえるのかどうか。 毎日を生きる上で平等さは微塵にも感じられないけど、つまらないことで悲観的になることからの見事な脱却におおむね成功、抱負といえばその延長線を俊敏かつ丁寧になぞっていくこと。




どれほど長生きをしても知ることが出来ないこと、辿り着くことのない場所や巡り会えない人たちがいて、一方ふとした偶然もしくは必然から何かが生まれそして消えゆく中、それでも誰かと繋がりたくて、云々。 きっと役に立てなくても何かしらの記録、感情の凍結あるいは解凍の手助けとして、思うままに綴るここは勝手に沈思彷徨、さらなる荒涼の海をいかに泳ぐか、それとも溺れるか否か。